大泉学園駅北口 徒歩0分 TEL03-3923-6500
医療法人社団三栄会 東大泉歯科医院 ご相談・ご予約はTEL03-3923-6500

皆さんの中に「お口の中で日常的に上下の歯が接触している」という方はいらっしゃいますか?
「そんなの当たり前でしょう」と思われるかも知れませんが、実は「お口を閉じているときには上下の歯が少しも接触していない」というのが正常な状態なのです。

もし仕事や日常生活の中で、上下の歯が軽くでも触れている時間が続くと、あごの筋肉が慢性的に緊張してしまいます。これが原因で、あごの痛みや肩こり、もしくは原因不明の歯痛といった症状が現れる場合があります。

正常な状態では、上下の歯が接触する機会は会話や食事のときだけ起こり、1日にトータルで20分程度といわれています。この正常な状態を超えて、お口の中でずっと歯が接触してしまっている状態は、TCH(Tooth Contacting Habit:歯の接触癖)と呼ばれます。

これは歯とあごの使い方の「癖」ですので、日常生活で必要以上に歯を接触させないように気をつけていただくことが最良の解決法となります。特にご注意いただきたい点は「強いくいしばりだけでなく、軽い接触でも大きな痛みを引き起こす可能性がある」ということです。日常的に上下の歯が触れているという方は、軽い接触だからといって放置しないことが大切です。

次回のコラムでは、寝ている時の歯ぎしりやくいしばりについてお伝えする予定です。

ToothcontactingHabit-img