大泉学園駅北口 徒歩0分 TEL03-3923-6500
医療法人社団三栄会 東大泉歯科医院 ご相談・ご予約はTEL03-3923-6500

心臓・血管

お口の内の歯周病が進行してしまいますと、歯周病菌の数も増えていき、やがて血液にのって心臓まで運ばれて心臓の病気(細菌性心内膜炎など)を引き起こす事もありえます。
また、全身の血管にも影響を及ぼして動脈硬化を進行させる事も分かっています。

糖尿病

糖尿病になると歯周病になりやすい事はわかっていましたが、逆に歯周病により糖尿病が進行しやすいという報告もありますので、より一層の注意が必要です。

妊娠中

妊娠中に歯周病になると早産や低体重児出産のリスクが高くなると言われております。これは歯周病により歯ぐきが炎症を起こし、炎症物質の中に子宮の収縮を促す物質が含まれているからだと考えられています。また、妊娠中は歯周病が進行しやすいですので妊娠中の受診もお勧めしております。

高齢の方

お年寄りの多くが「誤嚥性肺炎」という病気で命を落とされているケースがあります。お口の中の細菌が気管から肺へと入る事が原因です。歯周病になると口の中の細菌が増えていき、この「誤嚥性肺炎」を引き起こす可能性が高まりますので、常にお口に中をきれいに保つ事が大切となります。

歯が痛い女性