大泉学園駅北口 徒歩0分 TEL03-3923-6500
医療法人社団三栄会 東大泉歯科医院 ご相談・ご予約はTEL03-3923-6500

むし歯治療

むし歯の予備知識

誰もが「虫歯にはなりたくない」と思っていますよね? でも、気をつけているつもりでも、いつの間にかできてしまう虫歯……一体どういう仕組みでできるのでしょうか。
むし歯とは、「むし歯菌がつくる酸」によって歯の表面のカルシウムが溶かされてしまう状態のことをいいます。専門的にはこれを「脱灰だっかい脱灰(だっかい)」と呼んでいます。

むし歯の子供イラスト

むし歯が自然に治ることはないの?

歯の表面のカルシウムが溶かされる脱灰に対して、唾液中のカルシウムやリンがふたたび歯に取り込まれる現象を「歯の再石灰化」といいます(この用語はCMなどで聞いたことがあるという方も多いと思います)。そういった意味では、歯の表面は再生しているのですが、ある程度以上の大きさになってしまったむし歯については、再石灰化で自然に治ることはありません。この場合は、歯科での治療が必要になります。

痛みがなければ大丈夫?

「歯が痛くなったらむし歯」と思っている方も多いのですが、むし歯だから必ず痛みが出るとは限りません。当然、小さなむし歯ほど痛みは出にくいですが、時には神経まで達しているむし歯でもまったく痛みがないということもあるため注意が必要です。

虫歯になったら削らなければダメ?

歯に黒い部分があっても、それが「切削が必要なむし歯」であるとは限りません。歯の表面が着色している場合や、削らずに経過観察しても問題ない初期むし歯の場合もあります。もし気になる部分があれば、お気軽にご相談いただければと思います。
当院では、軽度の初期むし歯であれば、なるべく歯を削らずに定期的に経過をみていくように心がけておりますので、安心してご相談ください。

むし歯の治療法

まずは保険の治療では、どこまでが白くできてどこからが銀歯になってしまうのかがわかりにくいですので、ご説明していきます。 むし歯の大きさや、むし歯のある場所(歯と歯の間や歯の真ん中)、前歯なのか奥歯なのかによって、白い材料で治療できるのか、銀歯になってしまうかが決まってきます。 一般的には、前歯の小さなむし歯であればむし歯の部分を削って直接白い材料で埋めて治す事ができますが、奥歯の大きいむし歯ほど銀歯になりやすくなってしまいます。ここで簡単にではありますが、それぞれの治療方をイラストで説明いたします。

白い材料で治療できる場合

前歯の小さなむし歯

前歯の小さなむし歯

奥歯の小さくて中央にあるむし歯

奥歯中央のむし歯

銀の詰め物になる場合

奥歯の大きくて歯と歯の間にあるむし歯

奥歯の間にあるむし歯

銀歯のかぶせ物になる場合

奥歯の大きくてかけてしまったあるいは神経に達したむし歯

奥歯が欠けてしまった

白い歯(プラスチック)のかぶせ物になる場合

前歯の大きくてかけてしまったあるいは神経に達したむし歯

前歯が大きく欠けた

保険治療と保険外治療について

保険治療について

まず、保険治療では、白い材料での治療は一切できないのでは? と思っていらっしゃる患者さんも少なくないのではないかと思いますが、そんな事はありません。保険内でも白い材料でできる治療もたくさんあります。一般的には、小さいむし歯で、前歯であるほど白い材料での治療が可能で、大きいむし歯で奥歯ほど銀歯になりやすくなってしまいます。また、保険の白い材料(基本的にはプラスチックです)を奥歯の大きいむし歯の治療で行いますと、場合によってはかんだときの力がかかってきて、すぐにかけたり、治療後のむし歯(2次むし歯)をおこしやすくなってしまう事もありますので、見た目は良くはないのですが銀歯の方がかけにくい治療となります。
また、保険外治療の材料は、保険の白(プラスチック)よりも耐久性の高い、ハイブリッドやセラミックですのでかけにくく、また変色がほとんどなく、治療後のむし歯(2次むし歯)にもなりにくいという特徴があります。
保険の金属はパラジウムや銀や銅など数種類がまざった硬い金属です。硬い事はじょうぶでよい事ですが、かんだ時にかみ合う歯(相手の歯)にダメージを与える危険性があります。また、作る時には金属を溶かしてから型に流し込んで作りますが、保険の銀歯は溶かした金属がすみずみまで流れにくいためにぴったり作るのが難しい点があります。

保険外の治療について

保険外の材料には、実は金(ゴールド)というのもあります。見た目は派手ですが、ゴールドの良さは適度な柔らかさがあるぶん、かみ合う歯(相手の歯)のダメージも少なく、またゴールドをを溶かして型に流した時にも細かい部分いしっかりと入っていきます。このように、銀歯とゴールドを同じ型で作った時は、ゴールドの方がよりすき間が少なく作れますので、治療後のむし歯(2次むし歯)にもなりにくいという特徴があります。
また、ハイブリッドやセラミックの材料は、金属ではありませんので、溶かす事なく型に直接材料を盛って作っていきますので、すき間が少なく作れますから治療後のむし歯(2次むし歯)になりにくく、なおかつ色も自然な白い色で治療が行えるという特徴があります。
さらに、歯の色とは一言で言えば「白」なのですが実は「白」でもいろいろな「白」があります。例えば白い差し歯を1本治療した場合、その1本だけ他の歯より明らかに白すぎたら不自然ですよね? そうならないために16種類ある「白」のなかから最も近い色を選んでいきますので、ご安心下さい。
保険と保険外の治療を簡単にご説明しましたが、なかなかわかりにくい部分ですので、実際には模型でお話したり、資料をお渡ししたりと、シンプルにわかりやすくお話していきます。もちろん全て保険の治療でも長持ちして、きょくりょく2次むし歯にならないような治療を心がけておりますので、どうぞ安心してお電話をいただければと思います。