大泉学園駅北口 徒歩0分 TEL03-3923-6500
医療法人社団三栄会 東大泉歯科医院 ご相談・ご予約はTEL03-3923-6500

歯の模型

 

歯科医院に通院するきっかけは「むし歯になった」「入れ歯になりたくない」「歯の痛みを止めてほしい」など、人それぞれです。きっかけは違っても、その共通した目的は「健康な身体を維持するため」だといえるでしょう。

歯が健康であれば、さまざまな食品をよくかんで食べることができ、身体の健康が維持されます。歯の治療は、口の中だけの問題ではなく、全身の健康維持・管理にも大きく関わっています。

当院では「できるだけ抜かない治療」を心がけています。
しかし、症状によっては「抜いた方がよい」と判断させていだだく場合もあります。専門医としての知見から、抜くリスクと抜かないリスクを考慮して、抜いた方が「身体の健康のためによい」場合にそのような判断をいたします。

歯を抜いた方がよいと思われる具体的なケースは、むし歯がかなり進行していたり、歯の根が割れてしまっている場合などです。そういった状況でも、必ずしも歯に痛みが出ているとは限りません。そのため「痛みがないのに抜く必要があるの?」と思われる方がいらっしゃるかも知れません。

抜歯が必要なほど悪くなった歯は、内部や根の部分に多数の細菌が繁殖しています。その細菌が、炎症を起こしながら次第に周りの骨や隣の歯までも溶かしてしまいます。
悪い歯を抜けば広がらずに済みますが、放置すると内部で繁殖し、骨が溶けて隣の歯まで抜かなければならなくなる…。こうなると「もっと早く抜いておけばよかった」という結果になってしまいます。

また、歯周病菌は口から全身に広がり、糖尿病を悪化させたり、全身の血管を悪くしているというレポートもあります。歯の内部や根に繁殖した細菌が、ご本人が気付かないうちに全身に悪影響を及ぼしてしまう可能性もあるため、痛みがなくても歯を抜いた方がよいケースがあるのです。

ただし、歯の治療に当たっては患者さんの気持ちがとても大切です。
事前に十分な説明をいたしますが、「それでもこの歯は抜かないで欲しい」という方もたくさんいらっしゃると思います。当院では、そのような場合でも、定期検診をしながら状態を注意深く観察し、できるだけ歯ぐき内部を洗浄して、お薬を入れながら経過を確認していく方法をとっておりますのでご安心ください。

いずれしましても、早めの診断・治療が大切です。
歯や歯ぐきについて気になる症状があれば、お早めにご相談ください。