大泉学園駅北口 徒歩0分 TEL03-3923-6500
医療法人社団三栄会 東大泉歯科医院 ご相談・ご予約はTEL03-3923-6500

歯磨きをする子供

今回は子供のむし歯についてお話します。

皆様の中には「子供の乳歯は生え替わるから、多少は放っておいても大丈夫なのでは?」と思っている方がいらっしゃるかも知れません。

でも、これは大きな間違いです。

むし歯は口内の環境に影響されるため、乳歯のむし歯を放っておくと、その後に生えてくる永久歯にも悪い影響を及ぼすことが知られています。
ですから、子供のむし歯についても早めの対策が大切になります。

子供はむし歯になりやすいの?

乳歯は歯の表面の層が薄いため、永久歯に比べるとむし歯になりやすいです。
また、生えたばかりの永久歯も表面が弱いため、周囲の歯にむし歯あるとすぐに広がってしまいます。

このように、子供の歯はもともとむし歯になりやすいですが、その他にも甘いおやつをダラダラ食べるなど、子供特有の食生活の影響が大きく関わっています。

甘いお菓子に含まれる糖分をむし歯菌に与えると、酸を出して歯を溶かします。
この現象を専門的には「脱灰」と呼んでいます。
この脱灰がどんどん進むと、いわゆる「むし歯」になります。

ところが、歯の表面では「再石灰化」という現象も起こっています。
これはだ液が歯の表面にミネラル分などを補うことで、脱灰された歯を自然に補修する働きです。

脱灰と再石灰化のバランスが取れているよいのですが、常に甘いおやつをダラダラと食べてしまうと、だ液による再石灰化が十分に行えず、むし歯になりやすくなります。
むし歯ケアのためには、おやつの量はあまり関係なく、「間食しない時間」を設けてだ液を十分に働かせるようにした方がよいのです。

痛みが出る前に歯科医院でケアを

むし歯は、痛み出す前に発見すれば簡単なケアで済みます。

もし学校の歯科検査などでチェックが入った部分があれば、早めに来院していただくのが結果的に歯の寿命を伸ばすことにつながります。

今はフッ素を歯に塗る予防法や、糖分が入っていない歯科医専用のキシリトールガムなどもありますので、お子様の歯できになる部分があればお早めにご相談ください。