大泉学園駅北口 徒歩0分 TEL03-3923-6500
医療法人社団三栄会 東大泉歯科医院 ご相談・ご予約はTEL03-3923-6500

歯科治療で使う素材

歯科治療では、歯を削ったあとに「詰め物」や「かぶせ物」を作る必要があります。そこで使われる素材は一種類だけではなく、素材ごとにさまざまな特性があります。今回は、治療で使われる主な素材についてお話します。

保険適用の素材

プラスチック

歯科で使われるプラスチックは「硬質レジン」と呼ばれるものです。比較的安価に製作でき、加工しやすいという特長があります。
色が単調なため、審美性はあまり期待できません。また、強度が低く、欠けたり傷ついたりしやすいという弱点があります。表面に細かい傷がつくと、雑菌を引き寄せたり、汚れやすくなります。また、プラスチックには、経年変化により変色するという特性があります。

金銀パラジウム合金

いわゆる銀歯のことです。比較的安価に製作でき、食物をかむ機能については問題ありませんが、金属なので口を開けた際に目立ちます。
だ液により金属が溶け出して、すき間が開くことで二次むし歯の原因になったり、金属アレルギーになるリスクがあります。

保険適用外の素材

セラミック

セラミックとは、歯科用に強化された「陶器」のことです。
自然で透明感がある白色で、摩耗に強く、経年による変色もほとんどありません。
陶器の性質上、強い衝撃を受けると割れることがあります。
セラミック単体でも使われますが、裏側に金属を使って耐久性を高めた「メタルセラミック」や、プラスチックと混合して加工性・経済性を高めた「ハイブリッド」としても使われています。

ゴールド

金は安定した金属なので、腐食がほとんどありません。金箔にできるくらい加工性がよく、歯と熱膨張率が近いため、治療後も歯との隙間ができにくく、長持ちする素材です。
歯の色と異なる金色のため、口を開けた際に目立ちます。また、材料費が高額になります。

 

治療に使われる素材は上記以外にもさまざまな種類がありますが、代表的なものをご紹介しました。実際には、虫歯の状態や、患者さんのご希望にあわせた最適な素材を選択します。